2007年07月04日

第一章 まとめ

以上2節に渡り考察してきたが、ここで1章のまとめを行っておく。

 この大和で行われた両政策は、時期的にも内容においても、性質については諸説あるが、重要な意味を有していたことについては、研究者の間で一致した見解である。

 ここでは主に「一国破城」と「指出」の実行者の違いに注目し、その意味を検討してきた。それは一職支配権に基づき実行されるべき「指出」を筒井氏が行っていないことに、大和の歴史・土地事情に関係しているのではないかという想像によるものであった。

 結果、筒井氏の性格上対象となる寺社よりも上級の権力として存在し得ないものであったからであると考える。「一国破城」については、以前より大和の軍事指揮権を有していたことにより、順慶自身が対象となる国人よりも上級権力であったからであろう。

 また、大和の国人達は寺社荘園領に依存しつつ成長してきており、この段階においてもそれらの区別は明確ではなかった。信長は天正8年の両政策で、より統一的に政権に組み込むことを目的に、「指出」では奉行を任命し、政権側からの「目録」の提示によって統一的に整理し、収入を石高で表示させた。
 結果、国人に対しては石高から兵力の動員能力を、軍事能力を持たない寺社に対しては、荘園を基盤とした経済力の把握をしようとしたものと考えられる。

 その意味で「破城」は、未だ統一しきれていない大和で、一国規模の軍隊を編成する為であり、統率者として順慶が行い「指出」の前提とした。さらにそれを強固なものとするために、その後も国人の粛正など行い、新領地を筒井氏に宛てることで彼の知行を増やし、また与力を指名するなどに及んだ。その結果、信長のとった措置は、寺社の旧権限の安堵と、大和一国「筒井存知」であった。

 信長はここで、順慶に軍事統率者としての位置づけを行ったと見て良い。寺社に対しては政権自ら管理下においたものであろう。

 このことは一国存知となった後も、筒井氏の権限として国人の編成は見られるが、荘園つまり寺社領にたいしての(筒井氏による)知行宛などがみられないのを見てもわかる(しかし官符衆徒として、寺社に対する検断権を有していた)。ここに大和統治の2面性が見られるのである。このことは以前から政権として寺社領安堵の朱印を出していたことにもつながる(43)。

 つまり天正4年の「任置」の時点(44)から、寺社領に関しては政権が直接に、軍事権は順慶へという構図が出来ていたと見て良い。これをここで初めて統一的に、一国規模で把握しようとしたものであったであろう。


 これらの政策の特徴が織田政権にとってどういう意義付け(つまり、政権が戦国大名的であるとか無いとか)をなすかという論究については、政権をもっと総括的に見て行かなければならないことであるのでここではふれない。


 以上天正8年の両政策について、過去の研究から軍事権や土地支配について考察してきた。次に残された疑問「郡山に着眼した信長の真意」を探っていく。

 そこでは新都市建設の意味をより深く理解するため、現在まで研究されている大和の流通・都市論をもとに考察していく(45)。
posted by taigon at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 第一章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。